第54回 全日本スキー技術選手権大会第54回 全日本スキー技術選手権大会 オフィシャルサイト

S.A.J. (公財)全日本スキー連盟 S.A.H. (公財)北海道スキー連盟 北海道 北海道留寿都村 北海道索道協会

全日本スキー技術選手権大会(技術選)とは

全日本スキー技術選手権大会(技術選)は、全日本スキー連盟(SAJ)が主催するスキーの総合技術を競う大会です。

各都道府県予選を突破した選手がスキー技術、巧さを競う大会です。 アルペンレースのように「タイム」を競うものではなく、フリースタイル競技のように技の難度が直接点数に反映されることもなく、 設定された斜面に対してどのようなターン弧を描いてくるか、どれだけスキー板の性能を引き出すことができているかなどのポイントを評価し、順位を決定します。

大会は、中級斜面、急斜面、総合斜面を用い、整地、不整地、ナチュラルのバーンで大回りや小回り、リズム変化といった回転弧が規制された中でパフォーマンスを競うものです。

滑走バーンのコンデションは、その日の天候に大きな影響を受けるため、参加者は気温や風の状況を判断しながらスキー板のチューンナップを行い、自らの技術を最大限に発揮できるよう対策を練って試合に臨んでいます。 これは一般スキーヤーも体感できる状況ですが、参加選手はほとんどの種目において驚異的なスピードで滑走して技術力の高さを表現しています。

大会は今年で54回目を迎えますが、当初はデモンストレーター選考会として16回行われ、第17回目からは全日本基礎スキー技術選手権大会と名称を変えて6回実施され、1986年から現在の名称で実施されています。

今年度の開催地北海道では1980年と1996年の2回開催されており、実に21年ぶり3回目の開催となりました。

開催会場のルスツリゾートは、毎年多数のスキーヤーが訪れ、様々なコースや雪質を楽しめる世界に類を見ないスキー場であり、高いスキー技術を目の当たりにする絶好の機会でもある全日本スキー技術選手権大会に大勢の皆様が来場し観戦いただければ幸いと思います。


2017 © The 54th All Japan Ski Technique Championships.

HOME